香りのスペシャリストになるアロマのセラピスト資格を取ろう

レディ

言葉のプロを目指す

男女

障がいのある人を支援する

安定した職業に就きたいと考えたとき、医療関係の仕事を思い浮かべる人も少なくないと思います。医療関係の仕事といえば医師や看護師、薬剤師などが挙げられますが、他に言語聴覚士という職業もあります。言語聴覚士とは、言語や聴覚に問題を抱える人や言語の発達に遅れのある子どもの支援をする職業のことです。根気のいる仕事ではありますが、成果が現れたときには喜びもひとしおです。言語聴覚士の就職先としては、病院の他にリハビリテーションセンター、障害者福祉施設、介護老人保健施設、特別支援学校、保健所など様々な施設があります。他の医療関係の職業と比べてまだ歴史が短いですが、将来的にはますます需要が高まっていくことは間違いありません。

まずは受験資格を取得する

次に、言語聴覚士になるにはどうすればよいのかを説明していきたいと思います。言語聴覚士になるには、言語聴覚士の養成課程が設けられた学校で学ぶ必要があります。高校卒業者であれば、3〜4年生の大学や短大、専門学校に通って国家試験の受験資格を得るのが一般的なコースです。すでに4年制大学を卒業済みである場合には、新たに2年学校で学べば国家試験の受験資格を得ることができます。そして、無事に国家試験に合格できた人だけが、医療機関などの採用試験を受けて言語聴覚士として働くことができるのです。こうして説明されると言語聴覚士になるのは難しいと感じてしまうかもしれませんが、学校でも国家試験や採用試験の対策をしっかり行ってくれますので心配はいりません。

Copyright © 2017 香りのスペシャリストになるアロマのセラピスト資格を取ろう All Rights Reserved.