香りのスペシャリストになるアロマのセラピスト資格を取ろう

ウーマン

癒しを職業にする

アロマセラピー

香りがもたらす心の健康

アロマセラピストは、アロマセラピーと呼ばれる自然療法を業とする専門職、またはその資格の名です。アロマとは、「芳香」を意味する言葉です。アロマセラピーでは、さまざまな香りが人間の心に良い影響をもたらすことに着目し、美容や健康に役立てることを目指す技術です。具体的には、花やハーブなどから精製した香油を用いて身体に塗り、香りとボディマッサージの相乗効果によってリラクゼーションをもたらします。アロマセラピストは、この施術に使う香油を調合したり、マッサージを行ったりすることを専門にしています。自宅で自らセラピーを行う人のために、香りの選び方などをアドバイスすることもあります。アロマセラピストは各種のリラクゼーションサロンやエステサロンなどで活躍しています。自宅で教室を開講している人も少なくありません。

スクールで実践的に学ぶ

アロマセラピストには、業界団体が独自に認定しているいくつかの資格があります。いずれも民間資格となっており、資格がなければ就職や開業ができないわけではありません。しかしアロマセラピーには香りに関する専門知識はもちろん、生理学等に関する知識も必要とされるため、検定試験に合格した資格保有者は無資格者に比べると業界内で高い信頼を得ています。アロマセラピストの資格を取得するには、各種のスクールで学習するのが早道です。独学でも資格に挑戦できますが、働く時のことを考えると実習の機会が豊富にあるスクールの方がより実用的だと言えます。業界団体が認定しているスクールであれば、検定試験に即した内容の授業が受けられます。

役立つ専門性です

男の人

ビジネスに関する資格を有していると、仕事に応用でき、企業側が人材を求める際の判断材料にもなります。必要な場面を想定して資格の種類を選択後、学習方法も自分に合ったやり方を選べます。資格の取得後は、ビジネスに応用したり、履歴書への記入ができます。

子どもの成長を見守る仕事

レディと児童

保育士は保育園等で乳幼児を預かり世話をする仕事です。女性の社会進出が進み保育士の需要が非常に高まっています。保育園だけでなく児童養護施設や障害児関連の福祉施設等にも活躍の場が広がっているのです。保育士になるための道で人気が高いのは4年間でゆっくりと学べる養成課程のある大学です。

言葉のプロを目指す

男女

言語や聴覚の問題をサポートする職業である言語聴覚士のニーズが高まっています。就職先には病院をはじめとした様々な施設があり、将来的にも更なる需要の向上が見込まれています。言語聴覚士になるには、学校で言語聴覚士の養成課程を受けて国家試験の受験資格を得るというルートがあります。

Copyright © 2017 香りのスペシャリストになるアロマのセラピスト資格を取ろう All Rights Reserved.