香りのスペシャリストになるアロマのセラピスト資格を取ろう

レディ

子どもの成長を見守る仕事

レディと児童

広がる活躍の場

保育士は、保育園や児童関連の施設で主に乳幼児を預かり保育をする仕事です。保育士は、仕事等で忙しい両親に代わり子どもの世話を行ったりする役目を持ちます。昨今は結婚や出産後に仕事を続ける女性が増えたこともあり、この仕事の需要が非常に高まっています。また、以前は保育士は女性がほとんどでしたが現在は性別に関係なく男性にも広く門戸が開かれ、今後はその割合が拮抗してくると見られています。保育士の多くは保育園で働いていますが、子どもの世話や成長を促すという役目から、児童養護施設や障害を持つ子どもたちの福祉施設での需要があり、しかもそれが増えているのです。この他、小児病院に入院している子どもたちの保育も期待されており、保育士の活躍の場はさらに広がっていくと考えられています。

国家資格が必要

保育士は国家資格が必要です。この国家資格は、養成課程のある大学もしくは短大・専門学校で学び、全てのカリキュラムを修了することで得られます。また、保育の養成課程のない一般の大学や短大・専門学校を卒業した人でも、国家試験を受け合格すれば保育士になることは可能です。しかし、国家試験の合格率は10〜20%と非常に低くかなり難しいことから、保育士を目指す人のほとんどは養成課程のある大学・短大・専門学校を卒業しています。中でも人気があるのは大学です。これは、就職した時に大卒だと給料がやや高くなることが一つにあげられます。さらに大きな理由としてあげられているのが、養成課程での学び方に余裕があることです。養成課程のカリキュラムは大学や短大、専門学校でも単位数は同じです。つまり短大・専門学校は2年で全て取得しなければならず、非常に忙しく厳しい学生生活になる可能性があるため、大学の方が学生生活を楽しみつつ保育士の資格を取得できるでしょう。

Copyright © 2017 香りのスペシャリストになるアロマのセラピスト資格を取ろう All Rights Reserved.